学生の時、近所のスーパーのDPEコーナーでアルバイトをしました。 現像の受付と、仕上がった写真の手渡しが主な仕事で、楽そうなバイトに思えたのですが・・・。 やってみた感想は、  意外とキツい!(精神的に) というものでした。 何しろ、場所がスーパーですから、お客さんは、近所のおばさんばっかりです。 この人達が、とにかく無法・・・。 現像を引き受けた時に必ず受領証を渡しますので、それを持ってきて欲しいのですが持って来ない。 やむを得ず、受付日を尋ねると「覚えてない」と・・・。 もう、名前のみで探す以外にありません。 現像が終わった袋を1つづつ確認していくと後ろから、  ちょっと! まだなの!? と怒った声が。 ようやく探し出して袋を渡すと、  アルバムもちょうだい。 現像枚数にあわせてポケットアルバムを渡すと、  あと2冊、ちょうだい! まぁ・・・なんと言うか、良い経験にはなりました。 このアルバイトをして以来、私は、あらゆる店のレジの人や受付の人に対して礼儀正しく接する様になったと思います。 自分に「品位」があるのだとしたら、おそらくは、このアルバイトで身に着いたものと感じます。