フリーローンなどの返済方式はカード会社の方針に応じて差異があって多様な手法が選択されてます。類型的には残高スライド法やリボルディング払い方法が選ばれているようです。またかかる誰しもがわかっているリボルディング払ですが、本当のことを言えば勘定には多様な種別があったりします。それ故さのごとき様式によって引き落し合計額が違ってきてしまうのですから理解していて負担になることはないでしょう。では易しく両者のメソッドのへだたりについてを解説していきましょう。最初は元金均等払いというもので二つめは元利均等払いです。両者は読んで字のごとく元金に関してを均一にして返済していくというものと元金と利率をあわせて均等に返済していこうという方法になります。ここではもしや10万円を借りたというふうに実際のところいかような算定をしていくのかみてみましょう。利息に関しては両方とも15%と仮定して考えます。それからリボ払いについての返済額を1万円と設定して考えます。ともかく元金均等払いからです。こんな時の1度目の支払は1万円に利息分1250円を加えた支払額となります。2回目の支払については1万円に利子1125円を足した引き落とし金額となります。こういうふうにして10回分にて引き落しを完了させるという方法です。一方元利均等払いというのは最初の返済は1万円ですが元本に8750円金利に1250円と言うようにして割り振りをします。その次の引き落しについては元本が8750円へと減少した状態にて金利を勘定して1万円を再び割り振ります。換言すれば、元利均等払いのケースでは10回で支払が完了しない計算になってしまうのです。これだけのずれで両者がいかに異なっているかたっぷり理解してもらえたでしょう。元利均等というのは元金均等と比較し、明白に元金が縮小していくのが緩やかという短所というものが存在したりします。つまり利子といったものを余計に出すというような状態になるわけです。一方1回の引き落しが小さな金額で落ち着くと言うメリットも存在するのです。こんな返済方式などの違いによって支払い総額というものは異なってきたりしますからあなたの好みに合った方針を取るようにしてみてください。