実店舗で販売をする時、地域性の問題などは案外と大事な要素だと思います。どこかのお店がアピールをする時は、地域住民の方々がターゲットになっている事が多いと思います。100キロメートルも離れた地域の方々に対して、そのお店をアピールすることはちょっと少ないと思います。 ところが通信販売の場合は、地域性はあまり関係がありません。なぜなら通信販売というシステムの特性上、日本全国がターゲットになってくるものだからです。地域密着というより、非常に幅広い地域に対してアピールができるものなのです。 例えば私たちはインターネットを用いて、各お店の通販サイトを見ることができます。北海道に居住していながらも、九州地域にある通販の会社の商品を見ることができるものです。もしくはアメリカの通販会社の商品を見ることなども可能ですが。 つまり通販は、非常に幅広い方々をターゲットにできるものなのです。客層が広いのが、通販のメリットだと思います。