結婚しています。酵素ファスティング

悪いことを考えているわけでも、夫がイヤになっているわけでもないです。ブラックでも借りれる

でも、私、「恋愛したいなあ」と思います。ゾンビ漫画 おすすめ

私にとって、ずっと恋愛は力の源でした。アーセナル

正直、普通の人を好きななったことより、マンガやアニメの登場人物・スポーツ選手に恋焦がれていたことの方が多いのです。ラフィネ

それでも、誰かを好きになる、その力は何よりも強力でした。フレキュレル

私生活や、仕事で、どんなイヤことがあっても、好きな人のことを思えば、元気になれました。

疲れている日でも、好きなキャラクター関係のものを手に入れるために、遠くの駅まで行ってから、家に帰ることは何ともないことでした。

会社にも、常に好きな人がいました。

その人に喜ばれたい、それだけで毎日会社に通うのが楽しかったのです。

趣味の音楽や絵、どれにも想像力が必要でした。

素敵なメロディーや詞は、主に恋心から生まれます。

ドキドキする気持ち、せつない気持ち、それらが自然に音楽を作りだし、言葉を生みだしました。

最近の私はどうでしょうか。

何か物足りなくて、一歩が踏み出せないでいます。

今、恋をしたら、何か変わるような気がするのです。

本当の関係じゃなくていいのです。

ただ、誰かに恋焦がれたい。

夫婦の愛とはちょっと違う気持ち。

どこかに落ちていないかなぁなんて思うのです。